虹ヶ咲スクールアイドル同好会

PVを背負わないスクールアイドルの挑戦―「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ODAIBA TOKIMEKI ステージ」レポート

虹ヶ咲学園の聖地であるお台場で行われた「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会『TOKIMEKI Runnners』発売記念イベント ODAIBA TOKIMEKI ステージ」。「虹学のみんな〜!」という呼びかけに応じて登場した虹学メンバーは、1年前とは比べ物にならないくらい、強い個性を発揮していました。

ファン、役との距離を縮めた1年間

彼女たちが表舞台に登場したのは、昨年9月の東京ゲームショウでのこと。翌10月には初めての公開生放送が行われ、ゲーム発の子たちということもあって、各主要ゲームメディアでの展開が続いていきました。

僕の周りでも「髪型も似通っていて、みんな同じに見える」という声が聞こえるくらい、当初はそこまで個性を感じることはなかった虹学メンバー。しかし、彼女たちはさまざまな施策によって、少しずつ少しずつ自分たちを理解してもらいながら、ファンとの距離を縮めていったのです。

距離という点では、ファンだけでなく役とも縮めていったように思います。「スクスタ」の配信が遅れ、二次元側の展開が非常に限られている中、「スクフェス」に追加されたストーリーで演じたり、マンガから役のパーソナリティの一端を読み取ったりと、おそらく虹学メンバーそれぞれが、自分の役と向き合ってきたはずです。それが形になったのが、「ラブライブ!」ならではの“演役同体”の「自己」紹介なのではないでしょうか。

(それゆえ、どれだけ愛していようとも、演者が役を演じている、何かを話している際には黙っていてほしいと思います。というか愛しているなら、普通聞くよね?)

自己紹介を含め、数百人のファンの前で話す虹学メンバーの姿は堂々としたもの。初めての公開生放送での手探り状態から、1年でここまでできるようになるんだなと感心しました。

この成長こそが「ラブライブ!」プロジェクトの醍醐味。がっつりとは追わずとも、少しでも「ラブライブ!」に興味があるのなら、何かしらのタイミングで彼女たちの姿を見ておくのも良いのではないでしょうか。この醍醐味は、脚本がなくともストーリーが生まれる、生身の人間ならではのものです。

PVを背負わないスクールアイドル

虹学メンバーは、難しいロケーションでのダンス・歌唱となりましたが、元気いっぱいのパフォーマンスで「TOKIMEKI Runners」を初披露。

フルでは初めて聞きましたが、冒頭から全員で歌い、それぞれのソロ、そしてまた全員へという流れが、ソロ活動の集合体である虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会にぴったりな一曲となっていました。「ラブライブ!」伝統のツーステップや3×3フォーメーションも盛り込まれており、“らしさ”も感じられます。

一方で今回、虹ヶ咲学園の聖地・お台場で行うこと、適した会場がフェスティバル広場だけだったこと、文字通り階段の踊り場で踊ったことなど種々の要因があったせいか、おそらく初ではないでしょうか、映像をバックにはしませんでした。

そこは「ラブライブ!」らしさを残してほしかったかな……と思う反面、上記のような会場の都合もあるので、今後に注目です(やらないことはないんじゃないかと思うのですが)。ただ一つ言えることは、PVを背負わなかったからといって、決して楽ではなかっただろうということです。

PVがないならないで、キャストは役を身一つで表現し、ファンの目を受け止めなくてはいけません。もとよりキャストを前面に出す展開の仕方とはいえ、キャラクターの“ホーム”であるゲームが出ず、役の引き出しが少なくならざるを得ない中、その子としてパフォーマンスをして視線や期待を全部受け止めるのは、虹ヶ咲学園ならではの難しさがあるのではないでしょうか。

9人それぞれがどれだけ自分と役のシンクロ性を考慮していたかはわかりませんが、少なくとも「リスアニ!」2018年11月号を読む限り、「この子ならこの歌をこう届ける」ことをすごく考えていることが伺えました。「ラブライブ!」である以上、役とのシンクロ性を見られることは避けて通れないことですが、その中で1曲を9人で堂々とやり切ったことに、今回のイベントの意味があります。

個人的に気になっているのが前田佳織里さん。言葉と考える方向性がとてもしっかりしていますよね。場を取り仕切るのも上手そうです(気になる理由が「しっかりしてそう」という点に年齢を感じます……)。前述の「リスアニ!」インタビューでもその一端が垣間見えるので、ぜひ読んでみてください。

ファン一人ひとりが「ラブライブ!」らしさを考える

11月21日(水)に発売が控えるデビューアルバム「TOKIMEKI Runners」。それぞれの個性が強く表現されているソロ曲は、畑亜貴氏の作詞ではなくなりました。そして彼女たちは、グループとはまた違う「同好会」です。

今までと同じことをしていては衰退してしまうのが当然で、新しい何かを模索している、ある意味で挑戦的な集団とも言えます。大げさではありますが、彼女たちを見ている側にも「『ラブライブ!』とは何か」を問いかけられているように思うのです。

ただ見ているだけでなく、「自分にとって『ラブライブ!』とは何なのか」「自分の中で、何が『ラブライブ!』を『ラブライブ!』足らしめているのか」、そんな問いへの答えを探しながら、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会が切り拓く道をたどるのも良いのではないでしょうか。

リスアニ! Vol.35(M-ON! ANNEX 631号)
エムオン・エンタテインメント (2018-11-09)
売り上げランキング: 738
【Amazon.co.jp限定】TOKIMEKI Runners (デカジャケット付)
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
ランティス (2018-11-21)
売り上げランキング: 113
【早期購入特典あり】TOKIMEKI Runners (A2クリアポスター付き)
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
ノーブランド品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。