買ったもの

2018年・買って良かったもの5選

2018年に買ってよかったもの! この類の記事を毎年書きたい書きたいと思っていたのですが、ようやく実行できました。ガジェットではなくファッション、日用雑貨モノを5つチョイスしてみました。

CHICSTOCKSのソックス

ノームコアの隆盛がひと段落し、そこにひとつ「柄」を追加するのが最近のトレンド。私も2018年は、モノトーンを基調としたコーディネートに少々飽きを感じていました。

そんな時に手軽に加えられ、かつオシャレに見せられるのが、ちょっと遊び心のあるソックス。くるぶし丈のパンツとシューズの間から少しだけ主張する柄、あるいは多少ビビッドなカラーを見せるだけで、オシャレ度はかなりアップします。

このコーディネートを見事に実現してくれたのが、2017年からスタートした日本のソックスブランド「CHICSTOCKS(シックストックス)」のプロダクト。グロいドット柄のように派手すぎず、けれどしっかりと魅せてくれる絶妙な力加減が、出かける気分をアップグレードしてくれるでしょう。男性へのプレゼントにも強くおすすめします。

CHICSTOCKSオフィシャルサイト
http://www.chicstocks.com/
(取扱店舗もこちらからどうぞ)

ザ・プロダクトのヘアワックス

「ザ・プロダクト」は、自然由来原料から作られたヘアケア、スキンケアブランド。シャンプーやフェイシャルローションなどがラインナップされていますが、僕はヘアワックスを愛用しています。

固いシャーベットのような形状とは裏腹に、結構伸びます。ガッツリ立ち上げる強さはありませんが、適度にツヤと束感を出してくれて、使いやすいワックスです。水・お湯だけでは落としにくいですが、ちゃんとシャンプーすれば普通に洗い流せます。

ありがたいのが、オーガニックゆえ、ワックスとして使用したあとはそのままハンドクリームになる点。ワックスは水だけでは落としにくいうえ、冬の朝なんかは冷水に手をさらすのもつらいですが、その必要もないどころかハンドケアにもなるのがうれしいですね。

productオフィシャルサイト
http://theproduct.jp/

w.p.cの傘

「折り畳み傘、ビニール傘からの卒業」を掲げて銀座LOFTで購入しました。朝や夜だけ少し雨が降る日には折り畳み傘はぴったりなのですが、普通の雨ではちょっと心もとなかったり、カバンにしまうにしまえなくなったりします。ビニール傘はもう、単純にカッコつかない。

とはいえ値段が高すぎるのも考えものなので、3,000円前後で探した結果、w.p.cの傘に行き着きました。男性の傘は暗い色になりがちなので、色はグレーをチョイスしています。

(便宜上こう表現しますが)「ちゃんとした傘」を持っていると、雨の日に出かける時も少し気分が高揚します。もともと傘に関してずぼらだったのも相まってか、「少しおしゃれをして出かける日」の気分になれて、雨の日もあまりテンションが落ちません。2年ほど前に購入したレインブーツと合わせて、買ってよかったと思える一品です。

w.p.cオフィシャルサイト
http://wpc-worldparty.jp/

お香

お香に興味を持ったきっかけは、鳥飼茜さんの京都を舞台にした人間ドラマ漫画「おはようおかえり」でした。主人公の一人である営業マンが勤める会社が香り屋さんで、作中にも香袋などのアイテムがちょくちょく出てくるんですね。

意外と安く始められるんだなぁ、というのが第一印象でした。香炉・香皿はもちろんピンきりですが、私が買った舟を模した香皿は4,000円いかないくらいのもの(でもシンプルすぎないでしょう?)。それとお香があればいいので、実は5,000円前後で始められちゃうんです。

店員さんに聞きながら選んだのは、お寺によくただよっている「白檀」の香り。読書するときなど、ゆっくりくつろぐ際にくゆらせると、とても落ち着きます。こういったお香のイメージそのままなもの以外にも、花やハーブ、柑橘類のお香もあるみたい。色々と試すのも一興です。

写真の商品を購入した「香十」銀座コア店
https://www.koju.co.jp/

nano universe × 西川ダウン

寝具メーカーとして名の知られる「東京西川」と、アパレルブランド「nano universe」の人気のコラボプロダクト。こちらのダウンベストを購入しました。

まーーーとにかくあったかい。ダウンベストなので真冬に使うなら腕の防寒は必須ですが、それでも体幹部分の保温性は、さすが東京西川と思わせるもの。ダウンベストは前を開閉するだけで手軽に温度調節できるのが良いですね。あたたかさのみを追求するなら同ラインのダウンジャケットが良いと思いますが、体幹を完全防寒するだけでも結構過ごしやすいですよ。

保温性のみならず、デザインも優れているのが、さすがnano universeといったところ。一般的なダウンは「がわ生地(ダウンの入る生地)」のひとつひとつが浮き出てだいぶもっこりしたルックスになりますが、こちらのダウンベストは「がわ生地」が主張しておらず、サラリと着られるデザインになっています。オフホワイトというカラーも相まって、温度だけでなくおしゃれさも保てるところに一目惚れしました。

ZOZOTOWN
http://zozo.jp/shop/nanouniverse/jacket-outerwear/down-jacket/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。