紳士靴の店員さんに革靴の基本的なお手入れを教えてもらった件

紳士靴の店員さんに革靴の基本的なお手入れを教えてもらった件

  2年前に転職するまでは、私服で通勤していいところで働いていました。転職してからはスーツですが、あんなに締め付けられてこれっぽっちも機能的ではない服を着ていく意味がわかりません。ほんの数年前にクールビズが始まる前は夏場でさえあの背広を着なければならなかったと思うとゾッとします。

 

 要は反スーツ派なのですが、一方的に突っぱねようとするのも生産性がない。少しはスーツと仲良くなってみるか……と思い始めました。まずは自分の好きなジャンルからということで、今日は靴と鞄を買いに行ったのです。伺ったのは有楽町マルイのビサルノというお店。実はこの「らくちんシリーズ」が気になって、購入してみようと思ったのです。

 

 

納得のはき心地と手間いらずな脱ぎはき 軽快らくちんシューズ | メンズファッション | ファッション通販 マルイウェブチャネル

 

 

 1年以上履きつぶしたボロボロの革靴で入店した僕に、店員さんは色々なことを教えてくださいました。カジュアルファッションは別として、反スーツ派の僕はスーツファッションにはとことん疎い。大変勉強になりました。今日は教わったことをご紹介しましょーう!

 

 

1.そもそも1足を履き続けるスタイルが間違い

 僕は去年の2月ごろに買ったやっすい革靴1足しか持っていませんでした。それを今の今まで履き続けていたのです。しかしそれが間違い……!

 

革靴は1日履いたら2日は履かないでください。その2日の間に、吸収してしまった汗などが消えていきます。履き続けてしまうと、その時間がなくなるのです。

 

 

 つまり、3足をうまくローテーションさせるのが基本なのだとか。その上で後述するケアをやっておけば、履きつぶすごとに買い換えるよりむしろ経済的。お高いものならなおさらですね。

 

 

2.ケアに最低限必要な道具

 何を持っておけばいいですか? と訊いたところ、以下の3点を勧められました。

 

ブラシ

 ブラシは靴についたホコリを落としたり、お手入れの最後につや出しをするために使います。

ひとつ買っておけば、破損したりなくしたりしない限り、ずっと使えます。靴の修理屋さんも、この毛が半分以上すり減っても普通に使っていますよ。

 

 1本持っておけばいいというのはありがたいですね!

 

乳化性クリーム

 クリームには2種類あります。色つきのものと、そうでないもの。僕は色のついていないもの、カラーレスのクリームを買いました。

色つきは例えば傷がついたなどの時でも、埋めることができます。ただしその色の靴にしか使えません。カラーレスは色埋めができないのですが、どんな色にも使えますね。

 

 

 

シューキーパー

 話を聞いている限り、一番大事なんじゃないかと思ったのがシューキーパー。履いていない間に突っ込んでおいて、靴の型崩れを防ぎます。どうしても折れるので出来てしまう足の甲部分のしわを軽減するだけでなく、汗やにおいを吸い取ってくれるのです。革靴を長持ちさせてくれる大事な存在です。木の香りすげーです。

ただし、しわを軽減できるのは買って間もない靴だけです。しばらく履いた靴に入れても、しわを伸ばして復活させることはできないのです。でも、こちらもブラシと同じくずっと使えるものですので、使いまわす靴のぶん買っておけば安心です。

 

 

3.お手入れの手順

 さて、いよいよお手入れの手順です。といっても基本的なものなので、そんなに難しいことも手間のかかることもしません。「それでも、お話を聞いているとやはりやっていらっしゃらないお客様が多いですね。これだけでもやっておけばデキル男ですよw」とは店員さんの弁。

 

  • 帰宅したらブラシでサッサッとほこりを払う

    まずはクリームを塗る前に、靴の表面についた汚れやほこりを払います。

 

  • シューキーパーを突っ込む

     片方の手を入れるのではなく、きちんとシューキーパーを入れてお手入れします。しわも伸びるのでまんべんなくクリームを伸ばすことができます。
  • 綿100%の布でクリームを塗る

     適量を布にとってクリームが見えなくなるまできちんと塗り込みます。ものにもよりますが、僕が購入したものは小指の爪程度の大きさで十分に1足に使えるのだとか。「半年~1年は絶対もちます。それより早くなくなったら、使いすぎたんだと思ってください」。
     ちなみに布は一緒に売ってたので買っちゃいました。綿100%なら良いらしいので、スーパー等で買えたり、お古の下着とかでも大丈夫かと思います。
  • もう一度ブラシをかける

     最後に再びブラシちゃん登場。ザッザッとかけてつやを出します。 そーっとやろうとしなくても平気です。ザッザッて。
     実際に目の前で、クリーム塗ってブラシをかけてもらったのですが、これをやると本当につやが出ます。全然違います。びっくりしちゃいましたw

 

 以上です。いかがでしょう、結構かんたんですよね! 基本的とはいえ、これだけでデキル男カテゴリに入れちゃうのですヨ……!
 ちなみに、クリームを塗るのは5回はいたら1度やるくらいでいいそうです。つまり前述の3足ローテーションなら、2週間に1度くらいの割合でやればいいんだとか。毎日のお手入れは、帰宅→サッとブラシ→シューキーパー突っ込む、だけでOK。さらに簡略化されちゃいました!

 

4.考えてみれば……。

 僕にはとても馴染みのある革製品があります。何かというと、野球のグラブです。店員さんのお話を聞いていて気づいたのですが、革靴のお手入れってグラブのお手入れとそっくりなんです。汚れを落として、保革クリームを塗って、(グラブなら) ボールを入れたままにして型作りをする……さすが同じ革製品。
 そう考えると「最初は面倒かもしれませんが、やっていくと習慣化して愛着も湧くようになります」との言葉もうなづけます。グラブも然り。 ただの道具から、愛用品に変わっていくのですね。

 

 最後に! 例え汚れが過ぎてしまったり、ソールが削れてきたり、表面が傷ついたりしても、靴の修理屋さんに持っていけば買い直すよりもずっと安価に延命させてくれます。今日行った店舗も修理屋さんが併設されていて、僕のボロボロ革靴を預けてみました。表面の磨きだけお願いしたのですが、840円で見違えるようになって帰ってきました。

普段のお手入れもこういった修理も、靴の値段にかかわらず同じなんです。なので買い換えるより、お手入れの方法を知っていたり、こういったリペアを頼むという選択肢を持っていると良いと思いますよ!

 

 

 今日は店員さんにたくさんお話を聞いて、革靴のことを知ることができて身近に感じられましたし、少しスーツファッションとも仲良くなることができました。この調子で少しずつ買い揃えながら勉強して、カッコいいスーツ男子になれたらいいな……!

 

 

ペネトレイトブラシ 豚毛 ホワイト
R&D ペネトレイトブラシ
売り上げランキング: 6

 

(M.モゥブレィ)M.MOWBRAY デリケートクリーム (保革クリーム)
Mモゥブレィ デリケートC
売り上げランキング: 21

 

M.MOWBRAYエムモウブレイパトリックセット
パトリックS
売り上げランキング: 199

 

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    貴重な情報ありがとうございました!

    • By bakainu

      こちらこそありがとうございます。
      ぜひ参考になさってくださいー!

LEAVE A REPLY

*