カテゴリー: 映画の感想

「ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-」を観に行ってきました

 封切り日にお姉ちゃんと観に行ってきました。映画を封切り日に観るなんて初めてじゃなかろうか……。
 にしても香川真司がマンチェスター・ユナイテッドに入団した直後の封切りというのは狙っていたのか偶然なのか。いいタイミングですよね。そこまで詳しく書きませんが、一応ネタバレ注意です。

続きを読む

映画「GIRL」を観てきました

 お姉ちゃんとの制服デートで映画を観てきました。「GIRL」です。奇しくもその前日、「超映画批評」さんで「GIRL」がすごい酷評されているのを読んで、そんなにひどいの? 逆に観てみたくはあるけど……と思っていた矢先のお誘い。ドンピシャでした。

 

 結論から言うと、「そういう映画だと思って観れば面白い」……かな?

続きを読む

『けいおん!』観てきました

 

 正直に言うと、「けいおん!」に関してはおなかいっぱいだったんです。2期の20話くらいで実はギブアップしていて、あー映画やるなら観ておかないとなーと思って何とか追いついたという。事あるごとに色々なところで目にするし、アニソンコピーバンドのライブでもどっかしらが必ずやるし……供給過多だったんですね。

 

 でも、いざ映画を観るとやっぱり面白かったです。

 

続きを読む

『マネーボール』観てきました

 打率、打点、ホームラン、球速、変化球、フォーム、そしてスカウトの目……これらの基準が「はびこる」チーム編成という領域に、セイバーメトリクスと呼ばれる新たな指標を持ち込んだオークランド・アスレチックスのGM、ビリー・ビーン。彼の未だ続くGM人生を描いたノンフィクションです。

 

続きを読む

『モテキ』観てきました(ネタバレあり)

 

 お姉ちゃんが観たいとおっしゃったのでモテキ。最近は映画デートの楽しみ方が分かってきました。映画のレビューって観てない人に向けたものと、観た人に向けたものがあるって思うんだけど、今回は観た人に向けて書きますね。共感系レビュー、とでも言ったらいいかしら?
 以下、ネタバレの可能性ありなので数行あけます。

 

  続きを読む

ページ上部へ戻る