Yahoo! スポーツから読み解く今日のCS進出決定戦

今日のパ・リーグは大一番が行われています。3位オリックス-ソフトバンク、そして4位西武-日本ハム。その差わずか1ゲーム。オリックスは勝つか引き分けでCS進出、オリックスが負けて西武が勝てば勝率差で西武が差し切ります。最後まで意義ある白熱した試合を続けるべく作られたCS。まさにその狙い通りの展開となっているのです。しかも両チームとも、対戦相手に対して今季10勝12敗1分というおまけつき。

今日はこの3位決定戦とも言うべき2試合を、Yahoo! スポーツにあるデータから読み解いていきます。


まず西武戦から。正直、西武有利です。先発は先日2ケタ勝利をマークした西口。ここ3試合を見てもほぼ先発の役割を果たしています。

8月にはハム相手に完封も。イメージはよさそう

一方、ハムの先発は吉川。ここまでひと月に一度先発しては落ちることを繰り返し、今季未勝利。後半戦の3試合も、なかなか試合を作れていません。このように先発投手で差があるカードです。チーム打率も似たり寄ったり、むしろパ・リーグ随一の大砲・おかわり君がいるだけに、打撃の面では西武有利。西口が変に崩れたりしなければ勝ちは固いと見ます。

そしてオリックスーソフトバンクは金子千尋とホールトンという好投手同士の対決。

千尋・直近6試合
ホールトン・直近6試合

ともにここ6試合を見ても、むしろ今季成績を見ても安定感抜群。やはり僅差の試合が予想されます。となるとオリが勝つには2点3点を取るしかありません。しかし……。

坂口・チーム別打撃
大引・チーム別打撃
T-岡田・チーム別打撃

対ソフトバンクの打率を見ると、出るべき1・2番、打つべき4番が軒並み2割前後。のみならず、T-岡田以降を固めるはずのバルディリス、スンちゃんまで1割台という始末。頼れるのは対戦打率.358、今季通算打率でも3割を上回る3番後藤のみ……かと思いきや!

鈴木・チーム別打撃

この人がいました。千尋の頼れる女房役・鈴木郁洋。なんと.360というソフトバンク戦の好成績。普段が2割ちょいなだけに、この跳ね上がり様はかなり相性がいいと見ました。鈴木が座る下位打線から何とか上位に回して後藤で決める……そんな青写真を描いてしまいます。

正直、ソフトバンクの方がかなり強いです。ここにきて対オリ4連勝中。足の速い選手が揃うチームは、僅差のゲームで強さを発揮します。

しかしそんなソフトバンク相手に4連敗してもまだ対戦成績10勝12敗1分にとどまっているのもまた事実。どんな打率であろうと、バットを持っていたらヒットを打てるのが野球。チームの運命がその肩に委ねられた千尋のピッチングに期待しながら、この2試合の行く末を見守ることにしましょう。

とか書いてるうちにソフトバンクが本多の盗塁とウッチータイムリーで先制、西武はおかわり君2ランで先制と、色々試合が動いています……! 千尋がんばれ!

LEAVE A REPLY

*