音と光の気持ちよさ、知っていますか―「南條愛乃 Birthday Acoustic Live 2017」

音と光の気持ちよさ、知っていますか―「南條愛乃 Birthday Acoustic Live 2017」

バンドを始めてから、自分がライブに行った際には、楽器隊にものすごく注目するようになりました。ともすれば、歌より楽しんでいます(自分はボーカルなのにね)。

三度目の正直でようやく当たった南條愛乃さんのバースデーアコースティックライブは、そんな自分にとって大変気持ちの良い、デトックスされた時間でした。

南條さんもステージで2回「すごくない!?」と言っていましたが、とにかく今回の楽器隊――ギター、キーボード、パーカッション、ベースの4ピース――は、CDと比べても引けを取らないほどの演奏を披露してくれました。とにかく音の粒が多く、生音であれだけリッチな演奏を楽しめたのは本当に幸せ。特にキーボードの仕事量は半端じゃなかったですね。

もちろん、間引くところは間引いてアコースティックらしいアレンジにしてもいたり。楽器隊の技術とハーモニーに目いっぱい癒やされてきました。

でも、それだけでは「ライブ」として成立しないんです。レベルの高い歌唱が最後に乗っかるからこそ、レベルの高い演奏もより輝く(身につまされる話でございます)。南條さんの歌は、CDも嫌いではないのだけれど、やっぱりライブで聴きたいなって改めて思いました。生ならではの表現力豊かなボーカルが楽しめるんですよね。ロングトーンのイントネーション表現とか、真似してぇなー!って思います。本当に秀逸。あと今日の眉毛の角度大好きです。

今回の会場はパシフィコ横浜国立大ホール。僕の席は2階席の一番後ろ、右隣がデカい柱という随分奥まったところでした。ステージも後ろの方しか見えず、南條さんの姿もモニタで確認するしかないくらい。でも、そこならではの楽しみ方がある。奥まっている空間が、逆に音と光に集中する環境を作ってくれました。

間接照明をメインにしたライトが、ゆったりとした雰囲気のステージを演出していて、遠くに見えるそれがライブのイメージとぴったり。自分の楽しみ方にマッチしていた、すごく居心地の良い空間だったのです。立たないし、過度に腕振ったり叫んだりもしないし、ペンライトも眩しすぎるからやめてほしいなってと思うくらい。音楽に必要なものは何か、本質的な部分が浮かび上がったライブだったように感じます。ライブというより、コンサート。僕はこっちのほうが好きです。

「ラブライブ!」ファン的には、「Simple feelings」を「6月30日を迎えたので」という前フリで始めてくれたのがうれしかったですね。楠田亜衣奈さんも登場したのはさすがに驚きましたが、こうやって彼女たちの中で「ラブライブ!」が大切な作品になっている、その作品の中で生まれた関係が、その人自身をより豊かにしているというのは、やっぱりうれしいものです。

改めて、ちょっと早いけど33歳おめでとうございます。毎回、ライブの最後におっしゃっているように、お互いにがんばって日々を過ごして、また11月に会えるのを楽しみにしています。気持ち良い時間を、ありがとうございました!

LEAVE A REPLY

*