なぜ東條希は西木野真姫を放っておかないのか―映画版「ラブライブ!」感想(第5回)

なぜ東條希は西木野真姫を放っておかないのか―映画版「ラブライブ!」感想(第5回)

 パンフレットに掲載されているインタビューで、脚本を務める花田十輝さんが「また集大成として、希と真姫の関係(中略)を入れたり」と答えています。

 確かにパッと見でもわかるくらい、映画では東條希と西木野真姫の絡みが多いですよね。この二人の関係性は1期2話から10話にかけて都度描かれてきましたが、2期ではそれも落ち着いた印象でした。

 二人の関係性が集大成として描かれたという本作から、何が読み取れるでしょうか。

 

二人の秘密

 希と真姫の関係を一言で表現すると、「秘密の共有」です。

 これは初めての出会いから既にそう。μ’s初の楽曲を作ったのが自分であることを真姫は隠したがっていましたが、希は最初からそれを知っています。初めての合宿では、今度は真姫が「話しすぎちゃった」希の本心を知ります。

 そしてこの映画では、希がμ’s最後の曲を知る。最初の曲である「START:DASH!!」の時と同じというのがおもしろいところですね。

 加えて、希と真姫はもうひとつ「自分自身」という秘密を抱えています。二人とも、なかなか本心を表すということがありません。

 ただ「自分自身」となると、両者でニュアンスが異なります。つまり、希は意図的に出さない人、けど真姫は出したいけど出せない人です。そんな真姫が気持ちを表現できるように、希が手助けをするというのが、この二人の構図でした。

 ではなぜ希は真姫に対してそこまでするのか。それは、真姫が真っすぐな人だからです。

 

フェアネスの人

 園田海未の言葉を借りれば、真姫は「フェアネスの人」。彼女は、カッコ悪いところを他人に見せたがりませんが、そこをなあなあにやり過ごしたりはしません。

 μ’s加入直後には、昼休みに「一人でこっそり練習してる」姿を星空凛が見ていますし、Sidを紐解けば乗れなかった自転車に少しでも乗れるようになろうと奮闘する真姫が描かれています。

 できない自分は嫌だから、やり過ごすのではなく努力する。でも努力している姿を見られるのは恥ずかしいから、こっそりやる。不器用だけど、すごくフェア。

 そんな人をなんというか。「ズルができない、まるで自分と同じような人」です。

 1期10話で希が真姫に言っていた「よく知ってるから、あなたに似たタイプ」が、音ノ木坂学院に入学する以前の自分自身を指していたことが2期8話ではっきりしました。3年生の希にとって今の真姫は、当時の自分を見ているようなのです(余談ですが、当時の希は絢瀬絵里を見て、「今の自分と同じ」と思った。つまりこの3人は共通した本質を持っているのですね)。

 言いたいけど言えないこと、表現したいけどできないこと、しなくてもいいやと思ってしまっていること、それは全部表現してもいいんだ、「熱い思い」を出すことで何かがつながる。そんなことを、希は音ノ木坂学院に来て――もしかすると“ズル”をしてでも絵里と友達になったことがきっかけで――気づいたのかもしれません。そして、つながる場所としてμ’sを支えてきたのです。

 だから希は、この“真っすぐなお姫さま”を放っておかない。自分がそうしてきたように、またそうしてもらったように、希は最後の最後まで真姫の本心を引っ張り上げます。

 思えば、合宿で希が真姫に本心を語ったのは、話されずとも真姫の本心を知ったからかもしれません。真姫に対して、希もまた「フェアネスの人」であろうとしたのです。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 拓ちゃん

    ここ最近妄想していたポイントをズバリ突かれた考察をいただきました。

    「”真”っすぐなお“姫”さま」

    なるほど納得です。
    本当にありがとうございます。

    今や私の中でのTop3が真姫ちゃん、絵里、希なワケですが、第2期8話での3人でいた空間がすごくしっくり来てたんですよね。
    それこそ、近い将来この3人はルームシェアして生活を共にしているんじゃないだろうかと。
    第2期12話の合宿シーンでの”肝試し”から「真姫っ!」までの流れだとか。
    劇場版でも、話をしに行った先で勝負にノリノリで挑む気の合い様など、そこかしこに感じ取れる空気があって。

    昔、自分を真っすぐに出せなかった彼女らが、3人でならフェアレスでいられる。
    ていうか、今の希といるとあまり隠し事をできなくなるんじゃないか、と思うのです。
    だからしょうがない、と言い訳しつつ、思っていることを話せる気の置けない間柄となっているんじゃないでしょうか。
    それでも真姫ちゃんは、影での努力を無駄に隠そうとするんでしょうけど、希と絵里はそれを微笑ましく見ない振りしながらつついたりして、毎日楽しく過ごしているだろう……と思うわけですw

    • By bakainu

      拓ちゃんさん

      お読みいただき、ありがとうございます!
      絵里と希と真姫の3人は、見ていると通じ合う何かを持っているんじゃないかってくらい、
      ああしているのがしっくりきますよね。本文にも書きましたが、本質的に似通っているのかなと思います。

      確かに、希の前では何だか見透かされているような、つい本音を言ってしまうような、
      素直になってしまう雰囲気がありそうですね。そして希もそれを聞いてくれそうな……。
      真姫の話をうんうんと聞いている絵里と希、本当に家族みたいですねw

LEAVE A REPLY

*