風華チルヲさんのC86新刊に「いつも誰かのそばに――東條希」を寄稿しました

風華チルヲさんのC86新刊に「いつも誰かのそばに――東條希」を寄稿しました

 あっという間に今週末は夏コミですね! 今回も、風華チルヲさんの新刊『CLIMAX TOGETHER』に寄稿させていただきました。いつもお誘いいただき、ありがとうございます!

 スペースは1日目シ-42b「美彩’d」です。また3日目西る-38b「ジュリエット計画」でも委託頒布されるそうです。寄稿タイトルは『いつも誰かのそばに――東條希』です。

 

 実は今までチルヲさんの本への寄稿で1年生を書いたことがなく、どうしようか少し迷いました。でも、2期でああいうお話があって、ここでもう一度希について書きたいと思い、彼女を選んだ次第です。

 僕が考える「占い」というものに始まり、希の振る舞い、そして絵里やにことの関係性に触れながら、数ある希の魅力の中で一番と思うことに結論づけています。

 いつもチルヲさんが描いてくださる挿絵(僕、これが毎回めちゃんこ楽しみなんです)、今回はあの希を描いてくださったと聞いています! めっちゃ楽しみやんな♪ マンガ本編と一緒に、こちらの考察もお楽しみいただけたら嬉しいです。

 

 ちなみに。どうやら本編はいつものチルヲさんテイストではあるのですが、とうとう海未が人間やめたらしく、オラ今からワクワクがとまんねえぞ! サンプルは下! メロンブックスさんとらのあなさんでも予約が始まっているとのこと。どうぞよろしくお願いいたしますー!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By NAG

    失礼します。初めてコメントさせて頂きます。
    (昨日会場で、13時過ぎにお話させていただいた丸坊主眼鏡です・・・)

    夏コミお疲れさまでした! 今回のエッセイ拝読しました!
    個人的には、アニメでの希は一番その性格や行動原理を掴めなかったヒロインだった為、占いやイタズラで自己主張(言い過ぎ?)する面と、陰から他人を支える脇役的な二面性を持った人物ととらえ、視聴を継続していた次第ですが、ばかいぬさんのアニメ感想や今回の考察を拝見し、彼女の言動の根底には過去の出来事があり、「ズルができない」、でも「素直になれない」、「やさしい」娘なんだなあと気付かされ、魅了させられました。

    ブログの記事では、急展開として話題となった1期12話や、謎ストーリーと呼ばれた6thアニメPVなどの考察が特に印象的でしたが、全ての感想の拝見前、拝見後でそれぞれの回のとらえ方、視点が変わり、なるほどと納得させられてばかりでした。

    昨日は擬音語擬態語ばかりでうまくお伝えできなかったので、あらためて御礼致します。
    ありがとうございました。ラブライブ!関係なく、今後のブログ更新楽しみにさせて頂きます!
    長文失礼いたしました。

    • By bakainu

      NAGさん

      こんにちは! ばかいぬです。承認&返信が遅くなってしまい、申し訳ございません……!

      先日はチルヲさんのスペースまでお声掛けに来てくださり、本当にありがとうございました!
      とても嬉しいお言葉が生で聴けて、感激してしまいました。
      ホントに、これからの書く力になります。心からありがとうございます!

      希考察も、こうしてすぐにお読みくださり、コメントまでくださって、感謝でいっぱいです。
      彼女は、特に1期はフワフワっとした捉えどころのない子だったのですが、それも他の子を大切にしていたからこそ。
      そして本当は叶えたい慎ましやかな願いがあるという、いじらしい子なんだということを改めて書かせていただきました。

      ラブライブ!をはじめ、また色々と好き勝手に(!)ブログを書いていきますので、
      これからもお読みくだされば嬉しいです! どうぞよろしくお願いいたします〜!

LEAVE A REPLY

*