ラブライブ!スクフェス日記16「イベントとの付き合い方を考える」

maki_result

 

 初のイベント形式「スコアマッチ」本当にお疲れ様でした。

 

 キャプチャのとおり、なんとか6000位以内に入れたわけですが、それにしては正直失うものも多かったイベントでした。初のイベント形式で感じたこと、そしてこれからのイベントとの付き合い方について考えたことを書いていきます。

 

楽しかったは楽しかった!

 初の「対外試合」となった今回のイベントですが、この点はとても楽しめました。やはり勝負事となると熱が入っちゃいますし、作業感はほとんど覚えなかったです。曲数も6曲のままでよかったくらいですが、途中から倍になって、飽きることはありませんでした。

 

 定型文とはいえ簡単なコミュニケーションができたのも面白かったです。「どうせ定型文」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、悪意のない文章で試合前後に挨拶がされるのは、やっぱり気持ちのいいもの。これは続けてほしいなぁ。

 

 と、良いところも多くあったのですが、どうしても辛く感じてしまうことも。失うものも多かったと書きましたが、とにかく時間がかかりすぎます。

 

 

要した時間は

 今イベントでの最高難易度はHARD。なるべく多くの方が抵抗なく参加できるようにすることを考えると、日替わり曲や高難易度曲を投入するのは難しかったのではないかと推測します。第1回目でしたしね。

 

 ただ、消費LPが最大でも15ということは、6000位以内に入るようなペースを維持するには、今までのイベント形式よりもずっと時間がかかりました。入賞ペース(大体ラブカストーン3つ分と考えています)をキープするために、毎日2時間前後、前日にサボっちゃったりすると3時間くらいスクフェスをやったりするわけです。それだけやって、やっとこさこの順位。

 

 

 日々の時間の使い方として、正直それはどうなのかなぁと。

 

 

 それなら、同じ『ラブライブ!』に時間を使うにしても、刊行物を読み込んだり、アニメを繰り返し見たりして理解を深め、ここに新しいエントリをたくさん書く方がよほど生産的だと思ったのです。

 

 もしかしたら消費LP25の曲が追加されることもありえますが、それにしてもこのボーダーの勢いやポイント配分を考えると、同じくらい時間を使ってしまう気がしてなりません。プレイ人口の増加や、真姫の人気あってこそのことだったのかもしれませんが……。

 

 皆さんはいかがでしたでしょうか。6000位以内に入った方は、やっぱりかなりの時間を要しましたか? 上位の方なんて、もう寝る時間以外はずっとスクフェスやっていたのでは……。

 

 今回のイベントで、スクフェスとの付き合い方、イベントとの付き合い方を、こんな風に考えた次第です。

 

 

それで、次回は……?

eli_event2

 

 

 がんばルノ!!

 

 イベント形式が以前のものに戻るからヘーキヘーキ(震え声) それに “Cutie Panther” ならずっとやっていられるわ!

 

 書きたいエントリたくさんあるけど、絵里と希、絵里と希のイベントだけは捨てられない……ううぅ……!

 

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る