横浜Fマリノス vs. ベガルタ仙台を観に行ってきました

P3170739

 もう1週間近く経ってしまったのですが、我がマリノスのホーム開幕戦・VSベガルタ仙台を観に行ってきました。3月17日のことです。

 

 前節のJ1開幕戦ではアウェイで、しかも王者レイソルを相手に終了間際に3-3の同点に追いつくという試合をやってのけたマリノス。今年は盾がぶっ壊れてもそのまま殴りにいけるかも? とちょっと期待しつつ、雨の中足を運んだのですが……。

 

 そんな期待も虚しく0-2で敗戦。しょっぱい試合でした……。

 

 序盤は悪くなかった。お得意のロングボール攻撃に2トップの小野と大黒が飛び出し、ラインを下げることでセカンドボールも結構拾えていました。
 しかしイマイチ効果的なシュートを打つまでいかず、このまま仕切り直しかと思われた前半終了間際といういや~な時間帯に、セットプレーから失点。コーナーキックからゴール前のドタバタがあり、どさくさ紛れに赤嶺にゴールを割られました。赤嶺、これでマリノス戦 4試合連続ゴールと完全にカモられています。カモメなのに!!

 

 ホームで敗戦はおろか、引き分けでもよろしくないというのがサッカー。なんとか早い時間に同点に追いついてもらいたかったのですが、相手はただでさえJ最強の堅守を誇るベガルタ仙台。しかも今季の仙台は、昨季のブロック守備に加えて新しく前からのプレスを取り入れ、それを使い分けてきます。マリノスの攻撃の武器がロングボールしかないと見るやブロックを敷いた仙台はまさに堅牢強固。マリノスはブロックの周りでちょこちょこパスを回すしかありませんでした。

 

 

P3170741

 頼みの俊さんの左足も火を噴くことはなく……。

 

 パスの起点となれるのが俊さんしかいないので、俊さんがボランチの位置まで降りてくる

 ↓

 相手は俊さんが起点だとわかっているのでFWがプレス

 ↓

 寄せられると苦しいのでCBにバックパス

 ↓

 ボンバーも栗原もサイドバックに出すか、寄せられてまたも苦し紛れにGK飯倉へバックパス→飯倉クリア

 

 という流れが何度もありました。
 特に中澤は調子が上がらないのか何なのか分からないのですが、とにかくこの日はただ高いだけの人でした。ボールを持っても寄せられたら大慌てで横か後ろにしか出せず、最後のPKも中澤が受けたボールを処理しきれず、相手に奪われたところから始まっていました。

 

 結局、パスでは起点になれるのが俊さんしかいないというのがこのチームの問題だと思います。兵藤、小椋といったボランチがその役割をできないというのも厳しい。現に狩野が入ってから、少しボールが回り始めて攻撃が活性化しつつありました。まあその狩野もドフリーの同点機を宇宙開発したのですが……。

 

 せっかく富澤、中町と足元のあるCB、ボランチを獲得したのですから、積極的に使ってほしいなと思います。今のところ今季の大きな武器は齋藤学であって、学を一番上手く使えるのが俊さんで、俊さんが前で攻撃力を発揮するにはその後ろにもボールコントロールできる人が必要です。フィールドプレーヤーの10人、もちろんそこにGKが入れたらもっと理想なのですが、全員でボールを扱えてこそ良いサッカーができるはず。ただハイボールを跳ね返す、シュートを防ぐってだけでは、現代サッカーではもはや時代遅れなのかもしれません。

 

 今年は一からスタイルを確立させる年なので、そんないい結果は現実的に考えると期待できないのですが……でもやっぱり勝ってほしい! 次の鳥栖兄貴戦もがんばれ! 新顔に負けるなー!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […]  去年は雨の中、ホーム開幕戦の仙台戦に行きましたが完敗。しかし今年の我がマリノスは逆転勝ちで今季開幕戦を飾りました! […]

LEAVE A REPLY

*