コミケ3日目でした!

 コミケ最終日でした。参加した一般、サークルの皆さん、スタッフの方々、本当にお疲れ様でした!
 友人と始発で向かい、6時半前に待機列に到着。それから9時くらいまでずっと曇っていてくれてて、例年と比べてかなり楽な待ち時間でした。パワプロを持ってきて2人でやっていたのもあって、あっという間でしたね〜。

 

 3日目が始まり、10時20分くらいに会場入り。 これ、例えば国際展示場駅に9時くらいに着いても入れるのは10時半だったり11時だったり、到着する時間と入れる時間が必ずしも連動しないのですが、そのわずか10分の間に何百人もの差ができるんですよね。その差でお目当てを買えるか買えないかがわかれる……というのを、やっと悟りました。早いに越したことはない!

 

 今回はシャッターには行かず、壁と島中を30スペースほど回っていました。本当は気になるジャンルの島を回って新規開拓でもしようかな〜と思っていたのですが、やっぱり3日目でそれはムリorz
 移動するだけでフィジカルコンタクトの連続です。スリム(美化表現)な僕は二度三度ふっ飛ばされる有様……。壁と島の間のエリアで、島の方に並ぶ行列が伸びて通路を塞ぐ形になったため、行き止まりになってしまったことが一番大変でした。進めないわ、後ろから人はどんどん来るわで身動きが取れなくなってしまいました。

 

 かろうじて引き返し、回り道をして目的地にたどり着いたのですが、あれはやばかったですね……。噂ではとうとう来場者が20万を突破したとかしないとか。正確な数字は置いておくとしても、年々増えているのは確かなようです。2,3年前の2日目に、スタッフさんが通行規制をしていたのを見かけたのですが、もしかしたらああいう処置が増えるのかもしれませんね。

 

 しかしそれ以降はトラブルもなく、外でスコールを浴びることもなく(あれは中から見ていて驚きました)、長蛇の列を作っていた大手は委託に回すなど決めながら、8割方購入できました。今回はうまく回れたと思います。戦果はこんな感じ!

 

 えっちな本ばっかりや!(驚愕)
 3日目だからね、仕方ないね。

 

 すごくざっくりした分け方であることを承知で言うと、東は萌え的にエキスパートなところが多いのですが、西はどことなくアートチックなところが多いなーという印象を受けました。東ほど混んではいないけど、レベルの高いイラスト本や漫画が多数あると思います。そういう意味で、西はもうひとつの宝の山かもしれませんね。

 

 素晴らしい本に出会えるのはもちろん、好きな作家さんに「好きです!」って言えるのが、コミケやオンリーなど即売会のステキなところだなぁと感じます。面と向かって言われるのはもちろん、言える方も嬉しいものです。願わくば、こんなにいいイベントがずーっと続いてくれるように、また続けられるようにしていきたいです。

 

 重ね重ねですが、皆さんお疲れ様でした♪ また冬に!

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る