YouTubeから流れる音楽とCDコンポから流れる音楽は似ている

 最近、YouTubeの「上位のトラック – 日本」を聴きながら作業することにハマっています。今も流しながらこの記事を書いています。

 流れてくるのはほぼJ-POPなんですが、いつもアニソンばかり聴いている耳にはとても新鮮。一言でポップスといってもさまざまなジャンルの音楽やアーティストが出てくるので、彩りはカラフルです。

 今みたいにmp3ファイルが一般的でない頃、あるいはこの世にMDというものが流行っていた頃、自分の部屋にCDコンポがあって、それで音楽を聴いていた人も多いと思います。それがいつの間にかPCになり、スマホになり、CDコンポが現役だという人はかなり少なくなってきているのではないでしょうか。

 しかしそんな時代だからなのか、あるいはもともとそうなのか、今あらためてCDコンポから流れる音楽を聴くと、いつもイヤホンで聴く音楽と随分違うように感じられます。耳に入ってくるというよりは、自分の周りの空気に染み込んでいく気がするんです。

 この感覚と似たようなモノが、YouTubeから連続して流れてくる音楽に感じられるんですね。これが実に心地いい。耳を塞いで周囲を遮断するのではなく、音楽で自分と周囲がグラデーションをかけられて融け合うようです。多彩なジャンルが流れる「ヒットチャート」だからかもしれません。三代目 J Soul Brothersも良いものです。

 最近のお気に入りはコレ。椎名林檎さんの曲は「熱闘甲子園」のCM中によく聴いていた曲でした。そして「いいな!」と思った曲が「銀魂」の曲。やっぱりアニソンっぽいのが好きなのは変わらないのですね。

LEAVE A REPLY

*