Web上の場所

 Webの中の“場所”ってありますよね。TwitterだったりFacebookだったり、ブログだったり。僕、このWeb上の場所ってものが結構好きなんです

 場所は「Webサービス」と置き換えてもいいでしょう。何かをするための場所がWebサービス。しかし僕の場合は逆で、そのWebサービスを使いたいがために何かする、ということが多いです。

 大学に入ったばかりの頃、ちょうどブログが流行りだしました。各社がこぞって無料のブログサービスを始めていた時期です。何か考えてることとか発信したいなと思っていた僕にはうってつけのサービスでした。初めて作ったブログはlivedoorブログ。野球やらゲームやら恋愛やら、色々と書いていたのですが、そのうち他のブログサービスも試してみたくなった。結果、趣味やプレイしているゲームごとに違う運営会社でブログを作り、一時は5〜6個くらい持っていました。当時親友に「暇なんだか忙しいんだかわからない」と言われたのをよく覚えています。い、忙しかったんだよ……! 今はここだけですけどね。ちなみに初代はまだ残っています(今検索した)。

 そんな性質なので、何か新しいサービスがあるとやってみたくなるのです。今やりたいのはTumblrとnote。Tumblrは新しいわけではありませんね。一応アカウントはもっているものの、リブログツールとしてしか使っていなかったんです。でも、あれで日記を書いたり写真をアップしたりしている方を見ると、面白そうだなーって。noteも文章や写真をアップできて、1本100円で売ることもできます。こちらも、他の方の文章が読みたくてアカウントだけ作りました。

 でも、これらでできることは、もうこのブログでできることなんですよね。そもそも、「自分のすべてがひとつにまとまっている、自分の庭が欲しい」と思い、無料のブログサービスではなくWordPressでブログを始めたので、例えばここを『ラブライブ!』だけにして、他をTumblr……とすると本末転倒なんです。使ってみたいなぁ……でもブログあるしな……と思考をループさせています。

 写真を撮っていたり、絵を描いていたら、ポートフォリオとしてTumblrやnoteを使うこともできそうですけどね。そういう視覚的な趣味や特技は世界を広げるものだなと、外から見ていてつくづく思います。絵はともかく、写真を載せるのはいいかもなぁ。別に、表に出すだけなら上手い必要はないですし。あと文章でできることと言えば……小説?

 お夕飯は一昨日作った豚バラ肉とキャベツのガーリック甘辛丼をもう一度。前より美味しくできた。ご飯を食べながら『凪のあすから』1話を観る。

LEAVE A REPLY

*