体力と人生を楽しむ率

 

 「睡眠は娯楽」とはお姉ちゃんの残した名言ですが、感覚的に睡眠を楽しめる瞬間ってあまりないです。二度寝できるって実感した時とか、コンサートを聴きながらスコーンと落ちる感じとか。

 

 僕はとにかく長時間睡眠したがるタイプで、実際にできてしまう人間です。だいたい7~8時間がベストの睡眠時間と言われていますが、僕は9~10時間はほしい。それくらい寝て初めて自然に起きられるのです。
 そこで足りないなと思ったら、また寝られちゃう。油断すると休日に13時間とか平気で寝ています。そこまでいくと休日をムダにしてしまった感がすごいです。なぜこんなに寝るのか……すべて体力回復のためなのか、他に要因があるのか。一度検査してもらうと面白いかもしれませんね。安心できるし。

 

 

 ふと、体力のある人ってその分人生をエンジョイできる率が上がるんじゃないかと思ったのです。僕みたいに何時間寝ても回復しきれなかったり、眠くて仕方ないゆえに帰ってすぐ爆睡したりしなくてもいいのです。ムダに寝ない分、自分のやりたいことに時間を使える。ショートスリーパーは極端な例になってしまいますが、あれなんかそうですよね。

 

 最近、特に食事のあとの眠気がファビュラスマックスです。内蔵を動かしてるんだから体力使うのは当たり前なのですが、それにしても昔に比べて異常に眠くなる。これがトシというものなのか、体力が落ちたのかなぁなんて思います。シューズとウェアを買って、ランニングでも始めてみようかな……。

LEAVE A REPLY

*