カテゴリー: 考え方

もっと思いきり言い切っちゃっていいのに。

 

  最近、ちょっとしたことを気にしたりツッコミを入れたりしてしまいます。スルーできず見逃せず、ラブリー変換できずに突っかかってしまうのは大変よろしくない。早く治したいです。でもこういう時だからこそ気づくこともあると思うのです。

 

 恐山さんの1年近く前のツイートをほじくり返してきたのは、全面的に同意するという意味で強く覚えていたからです。ネット上の「言い回し」みたいなものには、こういう、はっきり言って責任逃れな言い方が多く存在しています。「~~してみた」「~~という名言を思いついたので誰か使ってください」「○○でごめんwwwww」などなど。「~~してみた」はもはや形式化されているので冒頭のツイートの意味で使っていない人も多いと思いますが、形式になるには、これはいい! と思ってみんなが使い続けなければいけないのです。

 

 お前の言っていること、作ったものはおかしいと叩かれるのが嫌なのでしょうか。自分より上が出現した時にプライドを傷つけないための予防線でしょうか。その両方か、あるいは何か他の理由でしょうか。でも、どんな理由があろうとも、人を傷つけるものでない限り、作ったものや思いついた思考、好きなものを好きでいること、それははっきりとアピールしていいのです。

 

 批判、批評。好意的な評価、ファン。それらすべては2次的なもの。つまりあなたが世に出したものが存在しないと成り立たないもの。「ヨイコノミライ」の天原のように偉そうに批評家ぶる人もいますが、彼らの言葉が(表面的な意味であれ質としてであれ)鋭いからといって、臆することもないでしょう。創造者であるという時点で、あなたは誰よりも強い。

 

 逃げ道を作ることなく、思考の責任を他の発言者に押し付けることなく、謝罪の中に存在理由を押し込めることなく、まっすぐに伝えられるようにありたいです。

ブログの「アクセス数アップタイトル」がもはやテンプレにしか見えない件

 

 3年ほど前からはてブをチェックしています。以前はホッテントリに夢中になりながらも、最近は新着の方が好きです。ニッチなものがホッテントリより早く上がってくるので、自分に合う情報が取得しやすいのですよね。

 

 その2つ両方に上がってくるのが、いわゆるライフハック系の記事です。そして、分類するとしたらライフハックの中になるでしょうか、ブログハック系の記事も。いかにしてブログをヒットさせるか。アクセス数を稼ぐか。アルファブロガーになるか……。

 

 たくさんの方がこういう記事を書いていて、たくさんの方がブクマしています。ただ内容はどれも割と同じです。小見出し式にしろ、先頭や合間に画像を入れろ、最後にまとめをつけろ、タイトルは大事だ具体的な数字を入れろ……。これはすごい! 取り入れて、ブログをいっぱいの人に見てもらおう。そう思って実際にやっていた時期が僕にもありました。

続きを読む

ファッションとしてのアニメ

 服を買う前は必ずファッション誌を2,3冊買って、参考にしながら欲しいものを確定させていくのですが、先日買った “FINE BOYS”(FB)に、男の子の部屋&部屋着をチェックするというコーナーでアニメ好き男子の部屋という一例が挙げられていました。

 

 アニメグッズに囲まれたお部屋。部屋の一例として出てきただけでなく、その後4ページに渡ってアニメ紹介。「とらドラ!」「あの花」「けいおん!」といった作品がピックアップされていました。  他のページでも、佐武宇綺さんという女性タレントが「あの花」を推していたり、着回しシミュレーションの中で男子大学生がカラオケでアニソンを歌っていたり。

 

 「本職」のオタクさんはこういうの大ッ嫌い、というのが僕の印象です。現に、今朝FBの記事の写真を挙げて憤る方もいらっしゃいました。かなりRTされてるみたいです。Yahoo! のリアルタイム検索でたどってみても、「うぜええええ!!!」っていう人の方が多いですね。

 

 

 なぜファッション誌はアニメを取り上げるのでしょうか。

続きを読む

絵を描くために学校を辞めたいという少年へ

http://togetter.com/li/239236

 

 絵を嗜んでもいない僕が言うのも何だけど、もしかしたら同じ絵師さんとは違った意見を言えるかもしれない。僕は、あなたの年齢の2つ下から大学卒業まで役者を目指し、今はしがないサラリーマンをやりながらアニソンバンドで歌を歌っています。今はあなたのちょうど10歳上かな。もしよかったら、読んでみてね。

続きを読む

ページ上部へ戻る