カテゴリー: ラブライブ!

解散ではない、ラストライブである

 とうとう発表されたμ’sファイナルラブライブ!。2016年3月31日・4月1日、場所は東京ドームです。

 平日になったのは、単純にドームが空いているからだけではないでしょう。学生の最後の区切りである3月31日、そして新たな始まりの日である4月1日。考えすぎかもしれませんが、意図して組まれた日程のように思います。

 そしてラストライブにして、ミュージシャン、アーティストの大きな目標のひとつである“ドームライブ”を、μ’sは達成することとなります。こんなに「ジャイアンツファンでいてよかった」と思ったのは、2000年の優勝決定戦以来です。我が巨人軍のホームで、大好きなμ’sがラストライブを飾ろうというのですから!

 5thライブの感想で「最後はドームで!」なんて書いていたのを思い出します。この1年でμ’sはおしまいになるというのはあの頃から覚悟していましたし、周りのたくさんの人に「終わらせなきゃμ’sじゃない、『ラブライブ!』じゃない。僕は絶対に終わらせてほしい」と何度も話してきました。彼女たちは有終の美を東京ドームで飾ります。全部予想通りです。

 でも、やっぱり寂しいのです。

 熱しやすく冷めやすい僕が、3年以上も同じコンテンツに熱中し続けられたことには自分でも驚いています。彼女たちの成長物語とサクセス・ストーリーを、アニメでもリアルでもいっぱい楽しませてもらいました。たくさんの人に出会わせてくれました。「ラブライブ!」と一緒にがんばって走ってきてよかった。それだけに、まるでパートナーがいなくなるかのような気分です。

 それでも、これだけ熱中したことがあったのは、人生の中でも本当に幸せなことだと思います。きっと一生忘れられない時間になるでしょう。

 特番を見る限りでは、ラストライブでこそあれ、解散ではありません。μ’sはずっとμ’sであり続けます。ラストライブ後、μ’sとして活動するかどうかはわからない。でもグループとして活動することが「μ’sであること」ではないのは、この物語を追ってきた人であれば誰もが知っています。

 終わるから解散する、しないではない。この9人がμ’s。9人がいれば、μ’sなのです。

「ラブライブ!」μ’sの紅白歌合戦出場に際して

 昨年も「この勢いなら、μ’sは紅白に出るかも?」なんて噂がちらほら立っていたのを覚えています。でも僕は正直、出てほしくありませんでした。

 紅白歌合戦は、いうなれば究極の大衆文化。「ラブライブ!」はいわゆる“オタク文化”の中では際立っていましたが、そこまで。つまりオタク文化の中から出ていくほどの力はないと思っていました。

続きを読む

【僕らのラブライブ!10】新刊のぞえり小説「この子から、離れられない」を頒布します

 11月23日(月)に大田区産業プラザPioにて開催される「ラブライブ!」オンリーイベント「僕らのラブライブ!10」にて、のぞえり小説本「この子から、離れられない」を頒布します。スペースは【音15 ほやほやの今をあそぼう】です!

※11月22日:お品書き追記しました!

続きを読む

「刀剣女子」「ラブライバー」の新語・流行語大賞ノミネートに見るオタクコンテンツと社会の接点

 11月10日に2015年の新語・流行語大賞ノミネート語が公開されました。なんだかチクチクする言葉も多く、今年はあまり見ていても楽しくならないなぁというのが正直なところです。

 その中で僕の目を引いたのは「刀剣女子」「ラブライバー」の2つの言葉でした。

続きを読む

ページ上部へ戻る