カテゴリー: ラブライブ!

Aqoursにμ’sの苦労は必要ない

 今日のニコ生も見られていないのに書くのもちょっと気が引けるのですが、言いたいことはタイトルのとおりです。

 「下積み」というモノは実に日本人が大好きな行為です。相撲しかり野球しかり、叩き上げの選手がどんどん角界やチームの中心になっていく過程を見るのは、非常におもしろい。それで成功を納めれば、下積み時代から応援してきたファンのエクスタシーは大きくなるしょう。

 μ’sにとって下積みが報われ、花開いた瞬間は2013年のアニメ化でした。それが結成して1年ほどでAqoursにもたらされることに、不満を抱いている人もいるかもしれません。

 しかし、Aqoursにμ’sと同じ下積みや苦労は、まったく必要がないのです。

続きを読む

μ’sの紅白歌合戦、2分15秒

 “2.5次元”という言葉があります。

 僕はフィギュアのことをこう呼んでいる人がいたことから、この言葉を知りました。2次元の存在が立体化され、3次元の世界に現れる。それは動かずとも、アニメの絵とはまったく異なるものを発しているように感じられます。

続きを読む

風華チルヲさんのコミケ89新刊に「優しきリアリストが最後まで追い求めたもの―南ことり」を寄稿しました

 夏コミに引き続き、風華チルヲさんの同人誌に寄稿させていただきました! キャラクター考察もついに9人目、南ことりです。

 うちのブログのSID感想で一番読まれているのが、実は「南ことりの現実主義」です。アニメの中でいわゆる担当回という明確な答えになるストーリーがないので、はっきりと「ことりはこういう子」と言えるものが探されているのかなという気がしています。

 今回は映画版も含めたストーリーとSIDからエピソードをピックアップし、さまざまな角度から彼女を観察しました。見えてきたのは、μ’sの中で唯一“あること”をしなかった女の子です。

 スペースは3日目・西れ42a「美彩’d」です。新刊は2冊あり、僕の寄稿が載っているのは「僕たちはひとつの光」衣装の園田海未が表紙の方です! 僕の他にも色とりどりなゲスト陣、そして相変わらずのチルヲスタイルが楽しめる本になっていますので、ぜひぜひお手にとってみてくださいね。

 

冬コミ園田2015 1冊目 by 風華チルヲ on pixiv

 

冬コミ園田2015 2冊目 by 風華チルヲ on pixiv

「第1回 南條愛乃オフィシャルFCイベント ごきんじょるの町内会 2015 ~町をあげてのクリスマス会~」に行ってきました

 12月20日、新木場のSTUDIO COASTにて行われた「第1回 南條愛乃オフィシャルFCイベント ごきんじょるの町内会 2015 ~町をあげてのクリスマス会~」昼の部に行ってきました。

 STUDIO COASTは、ライブはもちろん、テレビや映画、スチールカメラのの撮影、展示会やファッションショーでも使われる多目的ホールです。ホールだけでなく、アイランドバーあり、テント(といっても普通の建物のような大きさなんですが)あり、プールありと、さまざまな用途に応えられる設備が揃っています。

 会場でお会いしたまなめさんによれば、KOTOKOさんのライブが行われていた地でもあるそうです。キャパシティはスタンディングで2,402人。整理番号を見る限り、今回は多くて1,500人ほどかと予測します。しかしファーストライブといい、南條さんのイベントは今後ベイエリアが定番になるかもしれませんね。

 

続きを読む

「ラブライブ!The School Idol Movie」Blu-ray発売記念ミュージアムに行ってきました

 どえりゃあ久しぶりの土日完全オフということで、ずっと先延ばしにしていたPrintempsのシングルを購入しようとゲーマーズへ行ったら、「ラブライブ!The School Idol Movie」Blu-ray発売記念ミュージアムなるものがやっていたので、ちょっとだけレポ!

続きを読む

ページ上部へ戻る