カテゴリー: 日記

あなたの感じたことが聞きたい

 最近気づいたのですが、どうやら僕は「ひたすら第三者ことについてのお話を聞く」というのが相当に苦手なようです。

 随分と昔に、アニメ好きで集まった時に、「Bさんがいかにそのコンテンツをすごい方法で消費しているか」をAさんがずっと語られている、という場面に遭遇しました。これがなんと言いますか、とてももったいなく感じてしまったのです。

 いくらBさんの消費の仕方を聞いても、そこに込められたBさんの情動も、Bさんの好きな気持ちも、Aさんから聞くことはできません。だったら、Aさんがその作品に触れてどんなことを感じたか、どんなことを思ったか、どんなところが好きでどんなところが嫌いなのか、それを言葉にしたものを聞きたいなぁといつも思います。Bさんの話をするにしても、そのBさんを見てAさんはどう思ったか、とか……。語り口や表情、話すスピード、テンションといったものも含めて、目の前にいる者同士で、感じたものを伝え合う方がずっとずっと好きです。せっかく面と向かってお会いしているのですし。

 そんなことを、先日友人たちとスポーツ観戦をしながら思いました。プレーを見ながら、今自分が何を感じたのか、どう思ったのか、それをお互いに共有するから楽しい時間になるんだなぁと実感したんです。スポーツ観戦に限りませんよね、会ってただ話すだけの場所でも、大事なことなんじゃないかなぁと思っています。

 

恩師が亡くなりまして

 ここ数年、仕事を闘病生活が続き、先日何度目かの入院。二度ほどお見舞いに行きましたが、状態は芳しくなく、覚悟しておいた方がいいかもしれないと思っていました。そして今日、ご帰天されました。(ご帰天って普通は使わないですね。クリスチャン用語なんです)

 僕の中学からの恩師です。在学中はもちろん、今の今までお世話になって。お互い野球が大好きで、たまに一緒に球場へ足を運んでいました。アンチ巨人だったけど、長嶋は大好きだったという先生。僕が巨人ファンなので、よくジャイアンツ戦に付き合っていただきました。「退院したら橋本を観に行こう」って約束していたんだけどなぁ。

 去年の9月に、東京ドームでのファイターズ―ホークス戦に一緒に行きました。その日はレジェンズデーといって、両チームが昔のユニフォームを着て試合をする日でした。先生、ホークスの前身の南海ファンなんです。これだ! と思い、また日頃の恩返しということで、ユニフォームやテディベアキーホルダー付きのチケットを買ってプレゼントしました。

 この日、18時に始まった試合が、終わったのは翌日の0時1分。長い長い試合でした。さすがに22時半過ぎに帰ったのですが、今思えばこの最後の野球観戦、野球の神様が長く一緒にいさせてくれたのかなぁなんて思います。勝手な想像ですけどネ。でも本当に、あの時一緒に行けてよかった。少しは恩返しになったかな。

 色々な時に助けていただき、色々な時に励ましてくださいました。うちの家庭がギクシャクした時も、「父親、母親に流れている血とお前に流れている血は半分しか重ならない。でも妹とお前は100%一緒や。妹の面倒は必ず見てやれよ」と言っていたことをはっきりと覚えています。

 別れ際にはいつも「がんばれよ」と言ってくれた先生。今日もその声が聞こえたように思えます。やりたい仕事をがんばっている姿、家庭をもった姿、もっとたくさんの自分を見てほしかった。これからは、空の上から見ていてくれるでしょうか。先生、今まで本当に本当にありがとうございました。天国でも、どうかお元気で。僕はがんばります。

 

計画したがり屋の思い切り

 僕は結構な「計画したがり屋」です。例えば今日も「帰りに銀行に寄って通帳記入して帰ろう。帰り道に銀行がAとBとCにあるけど、Cならそのままスーパーへ行く道に入れるなぁ。でもBとCはATMが2,3台しかないから、記帳が長いと迷惑かかるし……じゃあ7台あるAに行くか」みたいな感じです。この例では銀行とスーパーだけですが、寄り道が増えるにつれてルートは複雑化していきます。ルートを全部決めてから、行動に移すんですね。

 この場合は帰り道のたどり方ですが、例えば時間の使い方なんかも同じです。洗濯機回してる間に洗い物して、洗濯機が止まったらお風呂沸かして、沸かしてる間に干す、とか。要はいかに効率良く回すかを考えているのです。

 でも、それ自体がまったく効率的でないことも多い。

 このルートやら時間の使い方やらが、スパッと決まればいいんです。しかし同じようなタイプの方は身に覚えがあるやもしれませんが、この時点で迷うことも少なくない。計画などせずに、近いところから回る、思いついたことから片づける、というふうにした方がよほど早く済んだりする。

 同じことが文章を書いていても起こります。特に考察記事なんかは、手が止まると自分のメモとにらめっこしながら、「この順番でいくか……いやそしたら、これどこに入れる……?」などと考えています。おそらく書く前にこうして考えを巡らせることは正解なんです。でも手が止まった時にこれをやっても仕方がない。なぜなら手が止まるのは、最初に決めた順番と違うことを書きたいから。書きたいことを、最初に決めた順番が邪魔してるから止まるんですよね。

 そしたら、もういったん考えの及ぶがままにガーッと書いちゃうんです。さっきの例で言う、「近いところから回る、思いついたことから片づける」ですね。脊髄反射のごとく書き続ける。すると最初に決めた順番とどこかで繋がって、言いたいことが全部入る文章になります。

 思い切りみたいなものでしょうか。僕は考え込んでしまうので、こういう思い切りを意図的に起こすことも大事だなぁと、やるたびに思います。でもなー、計画立てるの楽しいんですよねぇ。

 お夕飯はいわしの梅煮。一週間後に迫った検定試験の勉強を今更始める。でも当日はコートジボワール戦なので、あんまり行く気がない。

 

Web上の場所

 Webの中の“場所”ってありますよね。TwitterだったりFacebookだったり、ブログだったり。僕、このWeb上の場所ってものが結構好きなんです

 場所は「Webサービス」と置き換えてもいいでしょう。何かをするための場所がWebサービス。しかし僕の場合は逆で、そのWebサービスを使いたいがために何かする、ということが多いです。

 大学に入ったばかりの頃、ちょうどブログが流行りだしました。各社がこぞって無料のブログサービスを始めていた時期です。何か考えてることとか発信したいなと思っていた僕にはうってつけのサービスでした。初めて作ったブログはlivedoorブログ。野球やらゲームやら恋愛やら、色々と書いていたのですが、そのうち他のブログサービスも試してみたくなった。結果、趣味やプレイしているゲームごとに違う運営会社でブログを作り、一時は5〜6個くらい持っていました。当時親友に「暇なんだか忙しいんだかわからない」と言われたのをよく覚えています。い、忙しかったんだよ……! 今はここだけですけどね。ちなみに初代はまだ残っています(今検索した)。

 そんな性質なので、何か新しいサービスがあるとやってみたくなるのです。今やりたいのはTumblrとnote。Tumblrは新しいわけではありませんね。一応アカウントはもっているものの、リブログツールとしてしか使っていなかったんです。でも、あれで日記を書いたり写真をアップしたりしている方を見ると、面白そうだなーって。noteも文章や写真をアップできて、1本100円で売ることもできます。こちらも、他の方の文章が読みたくてアカウントだけ作りました。

 でも、これらでできることは、もうこのブログでできることなんですよね。そもそも、「自分のすべてがひとつにまとまっている、自分の庭が欲しい」と思い、無料のブログサービスではなくWordPressでブログを始めたので、例えばここを『ラブライブ!』だけにして、他をTumblr……とすると本末転倒なんです。使ってみたいなぁ……でもブログあるしな……と思考をループさせています。

 写真を撮っていたり、絵を描いていたら、ポートフォリオとしてTumblrやnoteを使うこともできそうですけどね。そういう視覚的な趣味や特技は世界を広げるものだなと、外から見ていてつくづく思います。絵はともかく、写真を載せるのはいいかもなぁ。別に、表に出すだけなら上手い必要はないですし。あと文章でできることと言えば……小説?

 お夕飯は一昨日作った豚バラ肉とキャベツのガーリック甘辛丼をもう一度。前より美味しくできた。ご飯を食べながら『凪のあすから』1話を観る。

半年後の新発見

 衣装ケースの衣替えをしました。週末にかけて気温が下がるとはいえ、さすがにもうニットはしばらく着ないでしょう。

 この、半年ごとに衣装ケースの中身をひっくり返して入れ替える作業、結構好きなんです。半年前に何を着ていたかあんまり覚えていないもんで、久しぶりに引っ張り出してみると「これがあったわ!」って、何だか新品を買った気分で嬉しくなっちゃいます。今日もネイビーのシャツを“発見”しました! これでだいぶ夏色コーディネートがはかどるぞ。

 一方で、半年前にどう着ていたかを思い出せない服もあります。「よくこんなん着てたな」みたいなの。こんな時、ああ〜目が肥えたか、好みが変わったんだな〜と実感します。絵を描く人は、昔描いた絵を見た時もこんな風に思うのでしょうか。

 特に最近はチェック柄があまり着る気にならなくてびっくり。あれだけ赤チェック大好きだったのに! 今はもうちょっと大人っぽい服を着たい年頃です。ほんの数カ月で好みはガラリと変わるものですね。

 となると、この衣装ケースにないものを欲しくなるもの。当然ながらお金がかかり、しかし日々のヲタク業を営む上でもお金がかかり……ザッケローニ監督が再三口にする「バランス感覚」が問われています。今あるもので今までにない組み合わせを編み出したり、最小限の新規購入で新しいコーディネートをいくつかできるようになりたいなぁ。あれ、なんかこれって代表監督の選手選考に似てるかも……?

 夜ご飯は白米といただきものの奈良漬け的な何か(よくわかんない。でもおいしい)と卵。昨日整理したフィギュアを出品。夜は『ラブライブ!』9話感想プロット。

ページ上部へ戻る