カテゴリー: 本の感想

女性版“服着る”「マンガde学ぶ 大人のおしゃれ」

 ファッション好き同士、お姉ちゃんとよくアパレルショップに行きます。お互いに試着して見せあっては、ここが良い、ここがイマイチと言い合うのが楽しいです。

 そうして見ていると、女性のファッションっていろんな要素が絡み合っているんですね。色の組み合わせはもちろんのこと、背の高さや靴のチョイス、肌の色とアイテムのコンビネーション、そしてシルエットで全然変わってきます。アイテムをひとつ替えるだけで、同じ人なのにさまざまな表情を見せる。それがとってもおもしろいんです。

 と同時に、そこがやっぱり難しいポイントでもありますよね。どこからコーディネートを考え始めたらいいのかわからない、どれをどう組み合わせたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。その答えを示してくれるのが「マンガde学ぶ 大人のおしゃれ」です。

続きを読む

楽しむことが輝くこと〜『オリンライジング!』2巻

 1年以上ぶりの『オリンライジング!』新刊でございます。『オリンライジング!』とは、風華チルヲさんが描く、ライトノベル『アイドライジング!』のコミカライズ外伝のこと。僕はラノベを読まないので、正直、初めはお世話になっているチルヲさんの単行本ということで拝読したのですが、この外伝の主人公であるオリンの生き様(まさしく「オリンライジング」ですね)がカッコいいのなんの。その生き様の続きを楽しみにしていました。

 

 基本的な背景や、オリンの人間性については1巻の感想(掴みにいく女〜『オリンライジング!』感想)を読んでいただくとして、今回は2巻のエピソードについて書いていきます。オリン幻のデビュー戦もさることながら、この巻のハイライトは、アイドライジング界の最高位「オペラ・オービット」であるウルシダニ・ユカリとの一連の出来事でしょう。

続きを読む

掴みにいく女 〜 『オリンライジング!』感想

s写真 2013-06-05 23 13 46

 

 ひっさしぶりの本のレビューです。お世話になっている風華チルヲさんが新刊を出されたということで買ってきました、『アイドライジング!外伝 オリンライジング!』です。

 

 僕はラノベが読めない頭なので、外伝となればやはり本編も知っておかねばと思い、コミックス版『アイドライジング!』1巻も購入しましたが、いい意味で裏切られました。外伝だけでも面白いし、本編も読んでいたらもっと面白い!

 

 というのも、2冊とも読むと、それぞれのヒロインが同じ作品の中でとても綺麗に「対照的」なんです。

 

続きを読む

【朗報】巨人ファンの俺投手、カープ応援席マンガ『球場ラヴァーズ』を読んで鳥になる

 

「野球は人生そのものだ」

 あまりに有名な長嶋茂雄さんの色紙に書く言葉。そしてつい最近では、アニキ金本が引退会見で言った言葉です。

 

 一野球には色々な関わり方があります。 元プレーヤー、観る専、あるいは今でもどこかの球場でボールを投げている人……さまざまな人がいる中で、一番多いのが「応援する人」です。

 応援する人には、誰でもなれます。そして応援する人の数だけ、人生がある。その中で人は野球と出会い、野球と付き合い、いつしか野球が人生の一部に、人生そのものになっていく。

 

 「球場ラヴァーズ〜私が野球に行く理由〜」は、そんな誰にでもある姿を鮮明に描き、僕ら野球ファンの前にもう一度差し出してくれる漫画です。

続きを読む

「ほんのまくら」フェアに行ってきたのこと #hon_makura

 どうしても行ってみたくて、お姉ちゃんに付き合ってもらって行ってきました! 新宿紀伊國屋書店の「ほんのまくら」フェア
 ほんのまくら、つまり出だしだけが書かれたカバーだけで本を選ぶという、全く新しいフェアです。ウキウキしながら行ってきたのですが、本好きの期待に応えてくれるめちゃんこ楽しい企画でした。

続きを読む

ページ上部へ戻る