カテゴリー: アニメ感想

アニメ「艦これ -艦隊これくしょん-」第3話「W島攻略作戦!」感想 または艦娘が死と隣り合わせでいることができる理由

 冒頭のシーンが、このアニメの方向性を見せていると言ってもいいかもしれません。

 作戦説明を待つ間、和気あいあいと談笑する艦娘たち。和やかな雰囲気が一変、長門が入ってきたと同時にきびきびと整列します。

 アニメどころか、原作であるゲームの時点で、戦いを前にして悲壮感を漂わせている艦娘はいません。「行きたくない」という子は、誰一人としていないのです。

 ここが、僕らの目をくらませているのです。

続きを読む

アニメ「艦これ -艦隊これくしょん-」第2話「悖らず、恥じず、憾まず!」感想 または吹雪の“生き方”について

 第1話で早くも露呈してしまった、吹雪の運動能力のなさ。この2話でも、ひとつのきっかけとなっています。

 学問・兵装の知識は十分に備えている吹雪。面倒くさがらない子らしく、よく勉強していることが伺えます。が、実践するとなるとまるでダメ。提督は「特型駆逐艦はこれからの戦いに必要」と期待を寄せますが、傍から見ていても応えられるとは思えません。

 しかし、彼女の目標は高く、赤城のようにみんなを守れる存在になりたいという。そこで吹雪は、「手本」として赤城を観に行こうとします。

続きを読む

アニメ「艦隊これくしょん-艦これ-」第1話「初めまして!司令官!」感想 または“物語のエンジン”を担う2人について

 半年ぶりのアニメ感想連載です。題材はアニメ版「艦これ」。「ラブライブ!」の脚本・シリーズ構成を務めた花田十輝さんが、同じく脚本とシリーズ構成をご担当されているということで選びました。

 原作はもはや説明不要のブラウザシミュレーションゲームです。僕もいち「提督」として楽しんでいます――といっても、1ヶ月遊んで2ヶ月離れるというようなスパンなので、あまり「提督」とは名乗れないのがやや心苦しいところ。一応、横須賀鎮守府なんですが、また司令レベルは80ちょっとです……。

 この原作のゲームなのですが、多少の世界観は設定されているものの、具体的なストーリーはほぼありません。そのため、アニメ版は半分オリジナルとも言えます。数多いる艦娘の中で主人公に選ばれたのは、特型駆逐艦・吹雪。彼女が鎮守府に着任したところから、物語は始まります。

続きを読む

ページ上部へ戻る