【WBC1次ラウンド】日本ー中国レビュー 「2次ラウンドに出てくるであろうピッチャーについて」

 順番が前後しちゃいましたが、今日は中国戦のレビューです。2次ラウンドに向けてということで、投手陣について書こうと思います。最終的に全員ゼロに押さえたのですが、細かいところを言えばスライダーの制球に明暗分かれた印象です。ボールの影響ですかね〜。

 

好投したからこそ気になるスライダー

 先発したのはマエケン。5回1安打6奪三振という快投で、先発起用に見事に応えました。また3番手として登板した涌井も、打者1人ではありますがきっちり三振に切って取りました。

 

 結果を見るとお見事なのですが、あえてケチをつけるとすれば冒頭に挙げたスライダーです。抜けているボールが非常に多かったのです。マエケンはキレとコンビネーションもあって全然打たれなかったのですが、すっぽ抜けたり、ベースの内側に入ってしまうスライダーが目立ちました。涌井は1球しか投げていないのでちょっとこじつけ感がありますが、その1球も高めに抜けています。

 

 特にマエケンは2次ラウンドでキューバ、オランダのどちらか相手に先発する可能性が高い投手。強烈なパワーを誇る両チームの打者に、抜けたスライダーは厳禁です。ここは次戦に向けて修正が必要なところです。

 

 逆に言えばキレはかなりよかったということです。直球も走っていたので、ほぼこの2球で事が済みました。カーブ、チェンジアップをあまり投げずに手の内を明かさなかったのはいいことです。昨日のキューバとの試合で、緩急やストレートに見せかけた変化球が効果的であることはわかったので、この2つの割合は上がると思います。注目してみてください。

 

 

普段通りの内海、澤村

 本当に内海はまったくと言っていいほど、シーズン中と変わりませんでした。抜けたボールもほとんどなく、ずっと触っていたというWBC球に適応していますね。

 

 昨日は森福のピッチングを観ていて、改めて安定感、安心感を覚えましたが、内海も似たような印象を受けました。山本監督は先発で起用する気はあまりないようですが、先発でもリリーフでも、内海は今大会で結果を残してくれるはずです。前回の杉内のような存在になれると思います。

 

 澤村は圧巻のピッチングでしたね。さすがに同じアジア体型ならば、そうそう力負けしません。まさに「制圧」という言葉がぴったりでした。

 

 というか、澤村に関しては抑えようが打たれようがボールは関係なさそうな……よくも悪くも力押しですからね。日本人でもこういうピッチャーがいていいと思います。欲を言えばもうちょっと直球を活かすピッチングができれば、誰が相手でも制圧できそうなんですが。

 

 

山口に問題なし

  完了させた山口ですが2点を失いました。結果を見ると不安視されるのかもしれませんが、ボール自体はまったく問題ありません。いつも通りです。

 

 2点失ったのはワイルドピッチ2つと内野ゴロ。ワイルドピッチは正直炭谷に止めてほしいというところ。普段組まない相手ですから、右打者のインコースに流れてきてしまったチェンジアップを止めるのは難しいのかもしれません。

 

 じゃあその帰ってきたランナーを溜めたのはというと連打を浴びたからなんですが、あれもコントロールミスではありませんでした。いきなり中国の打者に井端が2人出てきたようなもんです。

 

 2人ともインコースのボールを右方向へ強く叩いたのですが、左足を引きながらスイングするのでできる芸当です。打者が上手かったですね。試合はちょっと締まらない終わり方になってしまいましたが、山口自身は心配することないと思います。

 

 

 この日投げた投手は、マエケン以外は8日の台湾戦に投げる可能性もある投手たちです。よかったところは継続して、悪かったところは修正して、またいいピッチングを披露してほしいですね! いよいよ始まる2次ラウンド、まずは台湾戦勝つぞー!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […]  以前の記事でマエケンのスライダーが抜けるのだけが心配と言いましたが、なんかもうあれだけキレがいいと多少内側に入ったところで空振り獲れるし、まったく問題ないんだなと認 […]

LEAVE A REPLY

*