“知らない”ことが凛の強さ―アイドルマスターシンデレラガールズ第3話 感想

 「何が起こるかわからない! いやーアイドルってすっごく楽しいよね!」

 アバンでの、本田未央の台詞です。はしゃぐ未央と島村卯月の傍らで、渋谷凛はひとり「まだ、実感はわかないかな」。乗り遅れているというか、冷静というか。頭ではすごいことなのだろうとわかっていても、感じ切れてはいないというところでしょうか。

 これは2話でも描かれていたとおり、アイドルに対する疎さが理由だと思います。しかし、その疎さ――“知らない”ことが、凛の強さに変わっていくのです。

 

集中し切っていたレッスン

 

 アイドルになり、配属が決まった矢先の大抜擢。このニュージェネレーションの登用は、他のシンデレラプロジェクトメンバーにとって、大きな刺激になっているようです。

 「李衣菜ちゃんも、美嘉ちゃんと一緒にステージ立ちたかった?」という諸星きらりの言葉のとおり、ステージに立ちたくない子はここにはいないでしょう。“ゴボウ抜き”してステージに立つニュージェネレーションに対し、前川みくのように突っかかる子もいれば、アナスタシアや三村かな子のように応援する子もいる。でもきっと、みんなどこかで「私も立ちたい」と思っているはずです。ましてや、3人は“新入り”ですから。

 周囲の期待やプレッシャーをひしひしと感じていてもおかしくない状況ではありますが、3人にそんな様子はありません。さもありなん、彼女たちは目の前のことに必死。ただダンスを覚え、完成度を高め、人前で見せられるものに仕上げようとレッスンを重ね続けています。

 このメンタルの状態が、この時は吉と出ていました。やるべきことに集中できていたのです。状況が変わったのは、本番当日に楽屋入りしてからのことでした。

 

飲まれた未央

 

 本番当日。あれだけはしゃいでいた未央は、楽屋入りした時から既に大粒の汗をかいています。しかもここはバックダンサーたちの楽屋。その後、本日の主役がいる部屋に行くと……。

 TVで見たアイドルが集まっている。お偉いさんがやってきて挨拶をする。ゲネでのマイクテスト。次々とシーンがスイッチしていきますが、この間に余裕のない未央の表情が何度も映し出されています。

 声をかけられても、返事が遅れる。リフトアップステージにも対応できないまま、刻々と時間は過ぎていく。

 未央はおそらく、アイドルになると決めて、アイドルになって、ここまで楽しいこと続きだったんだと思います。一度落ちたオーディションも繰り上げで合格、すぐさま出演するステージも決まる。冒頭の言葉は心の底から思っていた言葉でしょう。ここまで彼女は、自分の描いていたとおりのルートをたどっていたのです。

 だがここにきて、彼女の想像を上回る世界と現実が目の前に広がった。そして自分も、想像以上に対応できていない。理想と現実のギャップに飲まれた未央は、「楽しい」どころか、何の言葉も発せられなくなってしまったのです。

 そこで尻を叩いたのが、凛でした。

 

凛のスペシャリティ

 

 ライブが始まり、出番が迫るこの土壇場になってリーダーシップを取り始めた凛。

 卯月や未央と違って彼女には、「アイドルとしての理想がない」という長所があります。これはアイドルに疎いからこそ。つまり、「本当はこうであるはずなのに」というギャップを、この状況下で凛だけは抱えていないのです。

 目の前のステージは確かに特別で、これまでの生活と比べれば非日常的すぎる空間です。でも、理想がないぶん、そこに思い切って飛び込むことができる。咄嗟に「チョ、チョコレート!」と掛け声をあげたのはこのクールな女の子でした。これが、3人の中で凛だけが持つスペシャリティなのです。

 

 「フライドチキーン!」の掛け声でステージに踊り出る凛たち。目の前に広がる、オレンジの海。勝手ながら同じくステージに立った自分の経験と照らし合わせると、この光景を楽しく思えるか、自分たちのステキなところを見せちゃおうと思えるかが、パフォーマンスの成否の分水嶺です。ニュージェネレーションが、この光の海を楽しんだのは、マイクを向けられて叫んだ言葉のとおり。見ていてなんだかすごくホッとしてしまいました。

 この、ステージに飛び出してから着地までのスローモーと無音の演出がすばらしいですよね。ここで僕らは一瞬、彼女たちの感覚を共有することができます。

 

 プロのアイドルの現場ってすごくギリギリで、でもそこで必死になってギリギリのところで踏ん張って、アイドルもスタッフさんもプロとしての役割を全うしているということを感じさせてくれる、一連のシーンでした。それもきっと、このアニメがアイドルだけじゃなくてプロデューサー、さらにはライブスタッフまで事細かく描写しているからだと思います。ライブ会場の、コントラストの強い画面は、そんなところも表現しているのではないでしょうか。あそこにいる全員がプロ――アイドルは輝くことのプロ、スタッフさんたちは暗くいることのプロなんですよね。

 

 さて、この日の経験でアイドルの楽しさを知った凛。撤収作業に入る会場を見て、彼女は何を思っていたのでしょうか。4話以降での心境の変化に注目していこうと思っています。歌のくだりもどう発展していくでしょうね。

 そしてだんだん気になってきた卯月。ニュージェネレーションの中でバランサーを務める彼女は、ある意味一番視聴者に近いのかもしれません。もう少し、掘り下げてみたい子です。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る